配送中の破損でも補償されないことが多いみたい

私はたまにオークションの出品もしたりしているのですが、ネットでこんなトラブルに見舞われてしまった人がいました。

高額な商品が落札されたので発送したそうなのですが、包装する前は壊れていなかったのに実際に届くと破損していたそうです。

それで落札者側は破損してるから全額返金して欲しいと希望しているそうです。

包装時には破損していないと確認しているので、明らかに配送中に破損してしまった可能性がありますよね。

ゆうパックの場合は補償があるという話を聞きますが、実際に補償して貰えるかと言うと必ずそうというわけでもないそうです。

外装に破損などがない場合は補償するのが難しいみたいですね。

その方は落札者から包装の仕方も凄く文句を言われてしまったそうです。

私も包装はあまり苦手で家族から色々言われたことがあるので他人事とは思えないと感じました。

もっと包装が丁寧であれば此処まで文句を言われなくても済んだのかも知れないですよね。

疲れ目に効くものは?

DU002_Lデスクワークで目を酷使していると、どうにも耐えられなくなってきます。

目の疲れに良く効く食べ物を知りたいなと思っても、ブルーベリー意外にはなかなか情報がヒットしません。

ビタミンAを摂取すると良いということでしたので、人参なんかを食べるのですが、いやはてしかし。なんというか、即効性が無いんですよね。もう少し、すぐに劇的に効果のあるものを食べたいんです、わたし。

わかさ生活なんかにも手を出しては見たんですけれど、なかなかどうして難しいものがあります。即効性という観点では、残念ながらわかさ生活にも良い所はなかった。

結局、長い目で見るしか無いんだなという結論に達しまして、しぶしぶと治療を続けています。

遠くを見て目を休めて、眼が疲れている日は早めに眠る、くらいしか、本当に素晴らしい効き目の有る治療方法は存在しない見たいです。

出来れば、そうい薬でもなんでも、出てきて欲しいんですが……。

今のところは、科学と医療の進歩に期待ですね!

そういえば食べ歩き

食べ歩きと言えば、良く友人が趣味が食べ歩きだと言っていました。しかし、食べながら歩くと言うのではなく、食べ物のお店を回るということです。先日、すれ違った親子さんが、おそらくアイスクリームのモナカを半分ずつにされたのでしょう。食べながら歩いていました。以前、私はソフトクリームを食べながら歩いて、暑い中、溶け始め、食べるのに苦労したことを思い出しました。その点、モナカは便利です。そうはいっても、昔から、親には食べながら歩いてはいけない、お行儀の悪い、と言われてきたものです。実際に、人が食べながら歩いているのとすれ違い、ケチャップを洋服につけられたことがあります。

それを思えば、決して良いとは言えないでしょうね。しかし、縁日、屋台、旅行先のイベント会場、色いろなところで野外の食事のシーンはあるものです。私もやっとこの頃慣れてはきたものの、さすがに親の世代は考えるようです。上手に食べる、これは鉄則、いざとなれば、おひざの上がテーブルにもなります。

自分の今後の行く末を考える

転職先が決まっても、自分の実力がそこで追いついていけるかどうか分からない。その為、自分のIT技術が求める部分にいくまでどうするべきなのか考えてみる。まずは自分がそのプログラムを使える環境を整える必要がある。調べたところWindows7でJavaやLinuxの開発環境を作るのは難しい為、仮想環境を用意する。その仮想環境として人気らしいのがVirtualBoxみたいだ。正直仮想マシンというのは良く分からなかったので調べてみると、あるOSが稼働しているパソコンでもう一つのパソコンを仮想的に動作させる事を仮想マシンというらしい。実際にパソコンにインストールされているのがホストOSで、仮想マシンにインストールされているのがゲストOSと言われている為、この点の違いについて理解しておこう。仮想マシンを使用すれば、1台のパソコンで、複数のOSが使えるようになり、更には仮想マシンであればいつでもインストールしたOSを削除出来る為、この点の使い分けについても心得ておこう。

蟹のだしが出ているもので

AZ145_L今日は魚売り場の特売日、と思いながら、近隣のスーパーに行きます。私は家族が蟹が好きだから、具材があまりなくても鍋にする時は蟹の脚を一本入れることにしています。この食材は不思議なもので、色が赤いからインパクトがあるのか、大変な存在感があります。私は、蒸しなど足が多い物が苦手で、見るのもぞっとするのに、タコ、イカ、蟹、のように、あしの多い海産物は大好きなのです。しかも、ゆでると真赤になる蟹は、いかにも食欲をそそります。

おいしい出しがでてしまった蟹の脚より、その出しが出たスープでつくるぞうすいの方が味の面では一枚上です。その日食べない時は、冷凍しておいて、スープストックの役割を持たせます。お味噌汁を作る時、その出しを使うとなんとも深い味になっておいしい物です。たとえ、お豆腐の小さいのが入っているお味噌汁でもリッチな気分になります。カニの身を少し残しておいて、一緒に冷凍しておけば、蟹の味噌汁に一層近くなります。

食の楽しみは、これからの季節、もっと増していくことでしょう。

最近の代理母の問題から100年後がどうなるか気になる

最近国際的に話題になっているのがオーストラリアの夫妻と彼らに依頼されたタイの代理母の争いです。

双子で片方がダウン症により、夫妻は片方しか連れて帰らなかったので代理母がそのダウン症児を育てることにしたのですが、夫妻はそんなことは知らなかったとその子の返却を求めています。

実際はどうなのでしょうか。

代理母を支援しようと慈善団体がかなりのお金を集めたそうですし、それが目的ということは・・・といけないと思ってもついつい勘ぐってしまうのでした。

この問題がどう決着するにしろ、こういう親権の奪い合いはこれからもっと増えて行くのでしょう。

遺伝子の親と生みの親が分かれてしまうなんて考えてみれば凄い時代になってしまったものです。

この誰が本当の親なのか分からないあいまいさがこれからもっと多くの人を悩ませて行くことになると思いました。

今の時代でこれなら100年後とかどうなっているのでしょうか。

もっと多彩な子供を作る方法があり、それを自由に選べるようになっているかもしれません。

怖いけどもぜひ見てみたいです。

金に物を言わせる

 私はもう十年くらい前にお金持ちの女の子と付き合っていたことがあります、彼女はとても働き者だったのでお金を沢山持っていましたが、そうしたことが原因なのか付き合っているときも衝突することが多かったのですが、お金のつかいっぷりはとてもよくて私にはとても真似できるものではありませんでした。

 当時まだi-podがやっと日本で発売されたぐらいの時期で私はよくi-podが欲しいなあと彼女の前で話していましたが、彼女がそれを買ってくれることはありませんでした(別にねだっていたわけではありませんが)。その代わりと言ってはなんですが、よく行っていた近所のtsutayaにUFOキャッチャーのようなもので当たりがi-podの機械がありました。お金持ちの彼女はそこでそのゲームにいくらぐらいだったかわかりませんが結構な額を突っ込んでi-podをとろうとしましたが、結局それはとれませんでした。そんな様子につられたのか小学生ぐらいの子供が私たちのことを見ていました、なぜだか彼女はその時、その子に金に物言わせるようななっちゃだめだみたいなことをいって、ipodの代わりにとれたぬいぐるみをプレゼントしていました。

年の離れた友人とおでかけ

JE166_72A今日は年上のお友達と一緒に観劇に行きました。観劇大好きな私は、いつも一人でいろんな劇場に遊びに行くのですが、今回は20歳以上も年上のお姉さまと一緒に観劇に行きました。お姉さまはもちろん結婚もしていて、私よりも年上のお子さんもいるんですけど、年齢差を感じさせない友達関係なんです。そして、今日は私たちの大好きなミュージカルを堪能してきました。ミュージカルはやっぱりいいです。本場のニューヨークでも見ましたけど、日本で見るミュージカルも大好きです。そして、観劇後は、私たちの女子会タイムなんです。劇場の近くはきれいなお店がたくさんあるのでカフェもできるレストランに行ってご飯を食べながらおしゃべりしました。今日は、お姉さまが今度旅行に行くってことで海外旅行の話を延々していました。私も海外旅行に行きたいんですけどなかなか行けないってお話をしたら、今度連れて行ってあげるというお話をいただいて有頂天になっていました。実現するかはわからないですが、アジアからアメリカ、オセアニア、ヨーロッパなど世界中まわっているお姉さまにいろいろ情報を聞いて私も楽しい旅行したいです。今日は、いい女子会となりました。

時間の使い方が大事!

朝早くに起きて支度をして仕事に向かう、くたびれて帰宅してとっとと用事を済ませて睡魔に負けて寝る。と言う日々。

どれだけ重い足取りで通っていたとしても、それなりに無意識に段取りしながら何とか1日を過ごしていた。

確かに、夜更かしもできないしすぐに眠くなるし、疎かになる家事もあったし趣味のこともできていなかった。

だけど1日は規則正しく過ぎていた。食欲もあってけっこう何でも美味しくいただけたし、寝つきもよかった。

朝早く起きて支度して向かう場所が無くなった今は、やっぱりどこかダラダラで、食事をはじめ不規則だ。

まず食事が美味しくない、と言うよりも空腹にならない。身体はくたびれることはないが、睡魔に負けることもない。

こんなではだめだ!今は毎日向かう場所がないけれど、1日の過ごし方を見直して時間の管理をしないといけない。

時間で区切って用事を済ますように計画を立てないことには、どうもダラダラしすぎてあっという間に夜になる。

今は今しかできない過ごし方をしたいと思う。自分自身のためにも。

一人暮らしのこどもの部

私はこの前、一人暮らしをしているこどもの部屋を、掃除に行くことになりました。その掃除に行くことになったのは、来年、自宅に帰ってくるので、色々と片付けも兼ねて行うことになったのです。

そして玄関を入った時から、その掃除を早くしたいという気持ちになりました。一人暮らしをしていると、とても汚くする人と、綺麗にする人がいますが、私のこどもの場合は、汚くても平気な人だと感じたのです。

そのことから、足の踏み場もないくらい、色々なものが、部屋の中に散乱していました。そしてその散乱をした一部のものが、玄関まではみ出していたのです。

そのことを思うと、私のその子供に対する、小さい時からの教育が間違っていたのかと、真剣に悩むことになりました。こんな汚い部屋で平気でいることが不思議でたまらなかったのです。

そしてその掃除は一日で終わらす予定としていましたが、その予定を大きく変更して、一週間もかかって行うことになったのでした。

1 2